ランニングを楽しむ会 » 効果について

効果について

ストレッチとひと言に言っても、その中にはいくつかの種類・方法があり、もちろん効果も異なってきます。

と言っても、インストラクターにでもならない限り、そのすべてを覚えこむ必要はないですし、自分に必要なものだけ覚えておけばいいというのも正論だと思います。

ただ、だからといって知っていて損ということではありませんから、ここで得た知識は、出来るだけお持ち帰りして頂ければと思います。では本題に入りましょう。ストレッチの種類と効果についてですが、ここでは簡単に説明したいと思います。

ストレッチには、代表的なものとして、スタティック、ダイナミック、バリスティック、クライオ、中川式ストレッチングベンチというものがあります。「スタティックストレッチ」は、身体にある関節が動く範囲である、可動域をある一定の方向に向けて広げていくことを目的としています。

あなたが一般的にイメージするものは、これに相当します。「ダイナミックストレッチ」は、身体の関節を積極的に動作させることで、その動きを滑らかにしていくことを目的としています。

こちらも、身体の「可動域」を広げることを目的としたものです。これは、いわゆる身体の「軸」を作りだす部分について行うのが特徴です。

「バリスティックストレッチ」は、身体の反動を利用して行わものです。筋肉に刺激を与えるのですが、それを一度だけでなく、段階的に行なっていくのが特徴です。

そうすることで、可動域を限界まで押し広げていきます。イメージとしては、体育の授業の準備体操でやった、「いち、に、さん、し、ご、ろく、しち、はち」の掛け声でアキレス腱を伸ばす動作が近いですね。

あの動作には、実はこういった意味があったのです。「クライオストレッチ」は、もとはリハビリの一環として行われていたもので、アイシングにより筋肉の感覚が鈍くなった状態を利用しています。