ランニングを楽しむ会 » 刈谷市で治療する

刈谷市で治療する

椎間板ヘルニアの治療と言えば手術を想像する方も多いのではないかと思いますが、最近では手術による治療を受ける人は患者全体のおよそ2割ほどしかおらず、椎間板ヘルニア患者のほとんどは保存療法と呼ばれる治療法でヘルニアを治療しています。

これは自身の自然治癒力を運動療法や食事療法により上げることでヘルニアを自然に治していく治療法のことで、多少時間が掛かりますが、ヘルニアを根本から治療できるだけでなく再発予防効果も期待できることから今では手術した患者も手術後に行うようになっているほどです。

そんな保存療法には様々な種類があり、あまり名前を聞かないような治療法も存在します。例えば愛知県刈谷市にある整体院では筋肉反応療養による治療が行われているそうです。

あまり知られていない治療法ですが、筋肉反応療法は痛みのある筋肉が反射を起こす他の筋肉やツボを刺激することで痛んでいる筋肉をほぐしていく珍しい治療法です。

その他にもクラニオセイクラルワークや運氣論と呼ばれる治療法も用いられています。クラニオセイクラルワークは一定のタイミングで動いている頭蓋骨をやさしいタッチで頭に触れることで動きのバランスを矯正して身体の不調を改善するという治療法で、アメリカではとても有名な整体術です。

運氣論はいわゆる東洋医学の分類に入る治療法で、身体の気の流れを自然界の気の流れに合わせることで身体の不調を治していく治療法です。東洋医学は数も多く、運氣論以外にもこの病気の改善に用いられている治療法はたくさんあるそうです。

このように保存療法は様々な形で行われており、選択肢が非常に豊富な治療法でもあります。自分が行いたい治療法がある場合は医師や理学療法士などの専門家としっかり相談して、自分に一番合った治療法で椎間板ヘルニアを治療していきましょう。