ランニングを楽しむ会 » 保険について

保険について

スポーツなどにより怪我を負ってしまった際に、怪我の程度にもよりますが様々な医療機関から治療を受けるところを決めます。

その時重要となるのが評判などはもちろんですが、保険が使えるかは重要な点です。


保険の使える医療機関の一つに接骨院があります。接骨院では使えないと思っている方もいますが、接骨院では病院と同様に利用することが出来ます。

国民健康保険から社会保険、組合保険、労災保険、老人医療保険から交通事故の時に適用となる自賠責保険もしっかりと扱えます。ではなぜ整体院では使えないのに接骨院では使えるのでしょうか。

この疑問に対する回答としましては、接骨院が国家資格を必要とする柔道整復師により開業をしている医療機関で、接骨院で行う施術自体は治療行為として認められているからです。

ただし、だからといって接骨院に勤めている専門家は医者ではありません。なんだか難しいですが、医者ではなく柔道整復師により骨や関節、また筋肉などの怪我を対象に施術を行い正常な状態へと身体を回復させていくので、治療と認められています。

さらに、接骨院での施術行為の考え方自体が西洋医学に基づいていることが、医療行為として捉えられる要因の一つとなっていると言えます。

しかし、実は接骨院で施される治療行為の全てに適用されるわけではありません。適用されない症状もありますので、そのあたりはしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

適用されるのは急・亜急性期の骨折や脱臼、打撲、ねん挫、また挫傷のみとなり、慢性の症状や慰安が目的とされる施術に関しては基本的には適用外となってしまいます。

実際にはこのような急性の症状の際にはまず病院に行って診察を受け、後々のケアとして接骨院の施術を利用する方がいいでしょう。何かわからないことや気になることがある場合には、しっかりと話を聞くことが大切です。症状による適用対象などをしっかり理解して、上手く利用してください。

黒酢サプリランキング