ランニングを楽しむ会 » 過度な飲酒による弊害

過度な飲酒による弊害

過度な飲酒による弊害はよく知られています。アルコール依存症や中毒は肝臓に対する重大な障害の他にも、人格的な影響や、日常生活に対する影響も大きいことが知られています。

喫煙に比べて身体的な依存が何倍も強く、なかなか辞めることができないため、自ら意識してお酒を避けるような生活をすることが大切になります。

アルコールは習慣性、依存性があり、脳に対して一部の機能をマヒさせる効果があります。

放置しておくと、さらに判断能力が鈍くなり、一度摂取してしまうと、周囲に対する正しい判断能力や身体機能の著しい衰えがみられることがあります。

アルコールを摂取したときに、日本の法律でも運転を禁止するなど厳しい規制を取っていることからも、その弊害の重大さを知ることができます。

アルコールに関しては、肝臓などの障害の他にも高血圧や心臓病、糖尿病などの他の病気になるリスクも高いことで知られています。

アルコールを摂取すると、つい食べ過ぎるなどの生活習慣にも現れるので、それによって、メタボリックシンドロームなど健康を崩してしまうリスクもあります。

可能な限り健康を維持するためにも、お酒を飲むときにはある程度、自制のある生活をすることが望ましいといえます。

アルコールに関しては、一度依存症になると辞めることが難しく、中毒になるとアルコールを摂取していないときは、手が震える、冷静な判断能力が持てない、などの重大な障害がみられることがあります。

早期の段階で、依存症の可能性が認められる人は医師に相談するなどして、集中的に治療を受け、お酒を断つことが大切です。

また、健康診断で体脂肪率が高いと指摘された人もお酒の飲み過ぎが原因になっている可能性があります。そのような人は、早いうちにお酒をある程度、控えられるように生活習慣を改善することが望ましいといえます。