ランニングを楽しむ会 » 補強方法について

補強方法について

耐震工事をするには、まず耐震性能を診断することが必要です。古い建物では、建物に関するデータ、つまり図面などが残っていない場合もあります。

そのような場合は建物の築年代や外観なども参考にしても、かなりのレベルまで診断することが可能です。このような可能な限りの調査を行ってから、建物に潜在している弱点を見出し、その弱点を補強するために耐震補強工事が施されます。

また、耐震補強には基準が設けられいますので、それをクリアすることを念頭に置いて工事が進められます。耐震性能は、耐力壁の量、そのバランス、接合金物、木材の状態または健全性、基礎そのものの剛性、などのポイントから全体を守ります。

これらのどこが不足しているかを検討し、特に不足している部分はより新しい素材などを使用して補強されます。耐震補強をする建物のオーナーにとって、工事を請け負う業者選びは大切なポイントと言えます。

建物の種類によってもその選択基準は変わってきます。木造であれば木造住宅についての長い経験と構造としての知識を有し、最終的な論理的判断力も要求されます。

耐震工事には対象の建物にあった業者とそうでない業者が存在しています。また、一般的に耐震補強にはそぐわない業者というのも判断しなければなりません。

営業でその信頼性を語るだけで、構造としての知識をほとんど持っていない業者も多くあるとのことです。耐震に伴ってリフォームもするというオーナーがほとんどですので、リフォーム面にばかり気をとられないように注意することも大切です。

耐震性能が法律で定められている基準をクリアしても、予算などの関係もあり、それ以上の補強は難しくなる場合も多くあります。このことも踏まえ、最善のプランを提示してくれる業者というのは、そんなに多くはありません。

一部だけを補強し、他の部分は補強前同様の脆さになっている、などの例も多くあるようですので、ある程度の知識を持って望むことが必要になってきます。