ランニングを楽しむ会 » 原因について

原因について

脊柱管狭窄症で悩む方々は、多くが加齢による病気や変性が原因です。加齢によるものなので、放置したまま、又は経過観察をしているだけでは、ほとんどの場合、症状が悪化してしまうことが常です。

脊柱管狭窄症の症状をこれ以上進行させないようにするには、早期治療が大切になってきます。また、少しでも改善されるように治療に専念する必要があります。

そのために、脊柱管狭窄症の名医と呼ばれている医師に診てもらうことが最も適切でしょう。名医と呼ばれている医師は、経験が豊富で、様々な症例を診てきている医師を指します。

どこの病院にいっても、効果が感じられなかったという方は、ぜひ名医と呼ばれている医師を探し診てもうようにしてください。今後は希望を持って治療ができるかと思います。

ここまで脊柱管狭窄症についてお伝えしてきましたが、治療は早ければ、早いほど効果があり、手術なしで完治・軽減できる可能性が高いです。

また合併症など様々な問題を抱えてしまってからでは大変ですので、少しでも腰に違和感を感じたら早めに診断を受け、治療してください。自分の体は1つです。出来るだけ早めの行動がその後を左右すると思います。