ランニングを楽しむ会 » ブロック注射とは?

ブロック注射とは?

痛みを伴う病気というのは様々ありますがそういったときにしっかりと対処することができるかというのはとても重要になります。

痛みを伴う病気として多いものがヘルニアなどです。関節や骨、神経から来る痛みというのは長く続くものが多く場合よっては寝られないほどの痛みを伴うこともあります。

そういった痛みが出たときに痛み止めなどを利用することが多いですが、痛み止めというのは使ってもすぐに切れてしまいまた痛みが再発してしまう場合がほとんどなのです。

そこで、長く痛みが続くという場合にお勧めの方法がブロック注射とよばれるものです。ヘルニアなどになったことがある人は利用している方も多いかもしれませんがこれは痛みを止めるために有効なものとして知られているのです。

ではこれはいったいどういったものなのでしょうか? 簡単にいえば神経に打つ注射のことです。

この注射は痛みなどの症状が出ているところに直接打つ注射のことでこの注射を打つことでしっかりと痛みを抑えることができるようになるのです。

この注射の特徴はなんといっても持続時間です。これは人によって違いますが。長い場合では2週間程度持つことがあります。

しっかりと痛みを抑えることができるので、途中で薬が切れて痛みがまた出るといったこともありません。長く続く痛みなどで悩んでいる人にとってはお勧めの方法なのです。

よくブロック注射を受けるためには入院などをしなければならないと思っている人も多いようですが、実際にはほとんどの場合、日帰りで行うことができるようになっています。

症状などがひどい場合などは入院をして行うことがありますが、基本的にはすぐにできる注射なのです。このブロック注射によって様々な痛みを抑えることができるので、痛みに悩んでいうる人はぜひ利用してみてください。