ランニングを楽しむ会 » 運動で予防と改善

運動で予防と改善

近年多くの人がヘルニアに悩まされているのを知っていますか? よくヘルニアという言葉を聞くと思いますが、ヘルニアが実際にどういった病気なのかということを知っている人は少ないのではないでしょうか?

人間というのは様々な骨が重なりあってできています。その中でも重要な役割を果たしている骨の一つに椎骨といわれている部分があるのです。

ヘルニアというのはこの椎骨の間にあるゼラチン状の部分がなんらかの理由で変形してしまい近くの神経を圧迫してしまうことを言います。

これを椎間板ヘルニアというのですが、この椎間板ヘルニアというのは様々な場所で起こるのです。その中の一つが頚椎で起こる頚椎ヘルニアです。

このヘルニアになってしまうとどういった症状が現れるのかというと手や足などの痺れや痛みといった症状です。これらの症状を放っておいてしまうと最悪の場合にはものなどをもてなくなってしまったりしっかりと歩くことができなくなってしまったりするのです。

そして、この特徴は肩こりなどから始まるということです。肩こりなどは普段か起こることなので、無視してしまいがちですが、実は頚椎ヘルニアになってしまっている可能性があるのです。

普段とは違う症状を感じた場合にはしっかりと病院で診察を受けるのが大切です。この病気は初期であれば実はストレッチなどで治すことができるのです。

ヘルニアなどの様に神経を圧迫することで起こるものというのは血行が良くなればよくなるほど痛みというのは和らぐのです。

しっかりと痛みを和らげるならば運動などをして血行を良くするのがお勧めです。頚椎ヘルニアなどにきくストレッチなどというものが多くあるので、インターネットなどでまずは調べてみてください。

自宅でも簡単にできるようなものばかりなので、症状に困っている人は実践してみることをお勧めします。